おひとりさまの終活サポート WEBで葬儀社を探す方へ
資料請求はこちらから あすなろ葬祭

相談内容ご紹介

件名: 三兄弟で資産が家しかない。
投稿者:うるとら3兄弟 エリア:
ご相談内容: 私が長男・独身(母と同居)、次男・妻と息子一人、

三男・現在独身(離婚歴2回・それぞれの元妻に子供が一人ずつ・連絡は取っていない)です。



母の遺産は、私が母と同居していた家と土地(不動産)のみで、資産価値として3000万円位です。

これを3人で分けなければと思うのですが、それぞれの考えがまとまりません。

私は、引き続きその家に住み続けたいので、売却は考えていません。

次男は、家の売却は考えておらず、自分の資産にしたい。

三男は、不動産を売却し、そのお金の三分の一をもらう権利があると主張しています。

私も次男も意見は一致する(私が生きているうちは私が住み続け、私の死後に次男に家を譲る)のですが、二人とも三男に支払うお金がありません。

この場合、どのように解決したらよいのでしょうか?

いちがや会計
税理士 柳孝之


昭和42年栃木県生まれ。早稲田大学法学部卒業 地方銀行で中小企業延べ300社を担当。その後都内の会計事務所を経て 2006年いちがや会計に参加。

回答

長男が引き続き住み続けたいとのことですので、本来であれば、長男が自宅である不動産を取得し、他の兄弟には各相続分に応じた金銭(この場合は1/3ずつなので、次男と三男へ1,000万円ずつ)を支払うことが適切です。これを「代償分割」と言います。

支払いは一括払いが望ましいですが、難しい場合は分割払いをすることもあります。その際には「遺産分割協議書」に[支払方法・期日・金利の有無や利率]などを記載した方が、後々トラブルが無くて良いでしょう。

しかしながら、ご相談は三男に支払うお金がないとの事ですので、ひとつの案として

長男は今後も家に住み続けることで、何も受取らない。

そして次男は、自分の資産を増やすためのローンと考え、三男へ月々支払うのはいかがでしょうか。月々9万円でも一年で108万円、10年間で1,080万になります。

三男にはお金を支払う事が出来ますし、結果的に次男が家を相続することになります。

ご兄弟のお悩みは全て解決出来るのではないでしょうか。

急ぎで葬儀を頼みたい方、葬儀の事で質問のある方 中野区葬儀情報 相談サロン あすなろ葬祭ブログ メディア各関係者さまへ お問い合わせはこちらまで くみん斎場 葬儀マナーと葬儀知識 遺言・相続 遺品整理・仏壇処分 散骨のご紹介 あすなろ葬祭動画集 中野区寺院・仏事ガイド