おひとりさまの終活サポート WEBで葬儀社を探す方へ
資料請求はこちらから あすなろ葬祭

相談内容ご紹介

件名: 養子縁組していない場合の相続。
投稿者:あねちゃん エリア:
ご相談内容: 三姉妹の長女です。数年前に父が再婚しました。
継母には、前夫との間に子供が1人いたようです。(面識はありません。)
その後父が亡くなり、相続を継母・長女・次女・三女で行いました。

しばらくして今回継母が亡くなり、相続の話が出たので改めて戸籍を調べてみましたら
継母と妹達(次女・三女)は養子縁組をしており、私だけが養子縁組をしていないことが分りました。

この場合、相続はどのようになるのでしょうか?

いちがや会計
税理士 柳孝之


昭和42年栃木県生まれ。早稲田大学法学部卒業 地方銀行で中小企業延べ300社を担当。その後都内の会計事務所を経て 2006年いちがや会計に参加。

回答

大変残念ですが、このケースでは遺言書がない限り、長女には相続の権利がありません。

財産は長女以外の子3人(継母の実子含む)で分ける事になります。
割合は次女に1/3・三女に1/3・継母の実子に1/3です。
継母の実子には(面識がなくても)法定相続人として相続をする権利があります。

このようなケースは実は少なくありません。
相続の段階になって、養子縁組をしていないことが発覚し、トラブルになることも多いようです。
再婚の際に子供がいる場合は、必ず養子縁組を行うことをお勧めします。

急ぎで葬儀を頼みたい方、葬儀の事で質問のある方 中野区葬儀情報 相談サロン あすなろ葬祭ブログ メディア各関係者さまへ お問い合わせはこちらまで くみん斎場 葬儀マナーと葬儀知識 遺言・相続 遺品整理・仏壇処分 散骨のご紹介 あすなろ葬祭動画集 中野区寺院・仏事ガイド