Monthly Archives: 6月 2014

【実録】おひとりさまの終活:Aさんの場合 –ご自宅で確認・申込編-

前回までの実録はコチラから

 

1月末、Aさんのご自宅へ伺いました。

 

ご自宅に伺ってお話をしたのには、2つの理由があります。

 

1つめは、お客様がリラックスした状態でお話が出来るため。

当社の事務所や他の場所で話す場合、周囲がなんとなく気になったり、緊張して話せなかった方も、

ご自宅ではお客様の方から色々なお話をして下さることが多いのです。また、何度かお邪魔して冗談を

交えた話や真面目な話等、色々なお話をしていると、段々とお客様との距離が縮まり、より信頼して頂ける

ような気がします。[生前予約]や[死後事務委任契約]をして頂くお客様とは、長いお付き合いになります。

信頼関係がないと、お任せいただけないと思いますし、こちらもお手伝いが出来ないと思っています。

 

2つめは、お客様の暮らしぶりや、家庭状況をざっくりと把握するため。

また、遺品整理を承る場合には、その方の生活から家具や電化製品がどの位あるか?

片付けにはどの位の時間と人材が必要か?等の目安を知るためでもあるのです。

 

 

前回のお話を踏まえ、

・Aさんの葬儀の要望・埋葬の要望

・あすなろ葬祭が[死後事務委任契約]でお手伝い出来ること。

・お申込みについて・お見積について・お支払について

・[死後事務委任契約]の実行について・実行されない場合について

・お見積書の事前に頂く部分と、亡くなられた後にお預りする部分の確認とご説明

・・・等を書面にした[確認書]を当社で作成し、読み上げながら確認していただきました。

 

具体的には、Aさんにもしもが起きた場合、ご主人かAさんの姉妹からご一報頂き、その後はあすなろ葬祭が

葬儀から埋葬(散骨)、遺品整理、住居の引渡し、公共料金の解約と支払、税金の納税まで全てお任せ頂く

という内容の契約です。

ただし現金の取扱いがあるので、Aさんの意向を汲んでAさんが亡くなった後、当社とのやりとりをして

いただくキーパーソンが必要になります。Aさんにはお子さんがいないので、Aさんと姉妹との話合いの結果、

Aさんが信頼する姪御さんにお願いすることになりました。

 

[確認書]を読み上げ、内容の確認をする中で

・Aさんの姉妹と、姪御さんの連絡先を当社へ教えていただくこと

(書式を作成し、郵送でのやりとりで可能)

・お見積書の実費費用(公共料金の解約と精算や、住民税の納税等)金額に、実際に支払う段階で

不足分や増税による金額変更があった場合、姪御さんに後から請求するよりも、Aさんが先に

多めに預けておいて、残ったら返金してもらう方が良いとの意見をいただき、見積額を変更

などの″気づき“もあり、充実した時間となりました。

 

数日後、訂正した[確認書]を持参し、再度読み上げながら確認していただき、ご納得いただいたので

[死後事務委任契約 申込書]にご記入・押印をいただきました。

また、この日に着手金¥307,125(事前費用:当社の契約料と司法書士さんの手続費用)をお預り致しました。

 

次回、司法書士さんに契約書を作成していただき次第、当社からAさんにご連絡・日程を調整して

公証役場で契約を交わす予定とお話して、この日は終了となりました。

 

【あすなろ葬祭とAさんの死後事務委任契約の内容】

※その方のご要望や、お任せ頂く内容によって、お見積金額は異なります。

Aさん見積

・死亡届の提出 費用30,000円(+税)

[内訳]契約料〈生前〉15,000円(+税)手数料〈事後〉15,000円(+税)

※当社が葬儀と死後事務委任契約をセットで実行する場合、上記費用30,000円は頂きません。

*見積書マイナス部分参照

 

・健康保険・年金の資格抹消申請 費用50,000円(+税)

[内訳]契約料〈生前〉25,000円(+税)手数料〈事後〉25,000円(+税)

 

・葬儀の代行手続 費用200,000円(+税)

[内訳]契約料〈生前〉100,000円(+税)手数料〈事後〉100,000円(+税)

当社が葬儀と死後事務委任契約をセットで実行する場合、上記費用から50%減額となります。

*見積書マイナス部分参照

よって、費用100,000円(+税)で実行致します。

[内訳]契約料〈生前〉50,000円(+税)手数料〈事後〉50,000円(+税)

 

・埋葬の代行手続 費用50,000円(+税)

[内訳]契約料〈生前〉25,000円(+税)手数料事後25,000円(+税)

当社が埋葬(散骨)と死後事務委任契約をセットで実行する場合、50%減額となります。

*見積書マイナス部分参照

よって、費用25,000円(+税)で実行致します。

[内訳]契約料〈生前〉12,500円(+税)手数料〈事後〉12,500円(+税)

 

・住居引渡し手続 費用50,000円(+税)

[内訳]契約料〈生前〉25,000円(+税)手数料〈事後〉25,000円(+税)

上記金額で実行致します。

 

・遺品整理手続 費用50,000円(+税)

[内訳]契約料〈生前〉25,000円(+税)手数料〈事後〉25,000円(+税)

上記金額で実行致します。

 

・公共料金解約精算手続 費用50,000円(+税)

[内訳]契約料〈生前〉25,000円(+税)手数料〈事後〉25,000円(+税)

上記金額で実行致します。

 

・住民税の納税手続 費用50,000円(+税)

[内訳]契約料〈生前〉25,000円(+税)手数料〈事後〉25,000円(+税)

上記金額で実行致します。

 

次回 【実録】おひとりさまの終活:Aさんの場合 –公証役場で契約編- へ続きます。
素材:ブログおひとりさまページ紹介