Monthly Archives: 3月 2015

友人たちが集うお別れ会『駅近』中野サンプラザでのお別れ会事例

サンプラお別れ会花祭壇1

 

 

中野サンプラザでお別れ会を執り行いました。

 

お客様から初めてお電話頂いたのは海外(アメリカ)からでした。旅行先でお母様がお亡くなりになり火葬をして帰ってくる。

 

日本に帰国をしたら、故人が住んでいた中野区近辺の葬儀会場でお別れ会をしたいとのことでした。

 

葬儀会場を決定するのにいくつか質問をしていくと、お客様からいくつかの要望が出てきました。

  1. 駅から近い葬儀会場がいい
  2. 葬儀会場の収容人数は150人くらいは必要
  3. 駐車場が確保できる葬儀会場がいい
  4. お年を召した方が多いのでバリアフリーで全席椅子のところがいい

 

上記、4つの希望をうかがって全ての要望を満たすし、その他に宿泊施設も完備してお客様に温かい食事をお出しすることが出来るので中野サンプラザをご紹介したところ、気に入って頂き葬儀会場は中野サンプラザに決定しました。

 

サンプラお別れ会花祭壇4  サンプラお別れ会花祭壇3

 

花祭壇は故人様が鮮やか色がお好きだったようなので、ピンクメインにしつつ、ピンクがケバケバとならないようにグリーンとホワイトを織り交ぜ品良く仕上げました。

 

花祭壇の中央にはモニター画面を設置して、旅行好きだった故人様の想い出写真をスライドで演出し、モニターの前には骨壺を故人愛用のスカーフに包んで胡蝶蘭を飾り安置しました。

 

サンプラお別れ会受付前1  サンプラお別れ会受付前2

 

上写真2枚【受付記帳所前】

 

お別れ会当日はまだ寒さが厳しかったのですが、中野サンプラザのロビーが広いので。暖房の効くなかで会葬に来て頂いた皆様に記帳して頂くことが出来ました。

 

サンプラお別れ会献花2  サンプラお別れ会献花3  サンプラお別れ会献花1

 

上写真3枚【献花のシーン】

 

中野サンプラザでのお別れのながれは、

  1. 受付記帳
  2. 献花後、開式までお座り頂き待機
  3. 開式の辞
  4. 黙祷
  5. お別れの言葉(ご友人2名)
  6. 会葬御礼
  7. 献杯
  8. 会食

早く来たから献花をしていただきお式まで待っていただき、開式〜会食そして自由解散という流れで実施いたしました。

 

サンプラお別れ会黙祷2  サンプラお別れ会黙祷1

 

上写真2枚【黙祷の様子】

 

黙祷をするときに通常の葬儀式場の場合は、電気を付けるか、消すかしか出来ないのですが、中野サンプラザの場合は微妙な調光を演出できますので、非常に厳かな雰囲気を演出できます。

 

サンプラお別れ会お別れの言葉  サンプラお別れ会お別れの言葉2  サンプラお別れ会会葬御礼

 

上写真3枚【右・中 お別れの言葉(友人2名により) 左 ご家族からご会葬者への御礼の言葉】

 

サンプラお別れ会献杯  サンプラお別れ会会食1  サンプラお別れ会会食2

 

上写真3枚【右 献杯の様子 中・左 ご会食の様子】

 

食事はブッフェ方式でご用意をしました。お別れ会のように参加人数が確定できない場合でも数量の調整がきき助かりました。また和洋中とバラエティに富んだ食事を振る舞うこと下出来たので、賑やかな雰囲気が好きだった故人様の要望に添う事が出来ました。

 

中野サンプラザは施設内に厨房施設が有りますので、温かい食事を振る舞い、料理の追加も対応してくれました。

 

サンプラお別れ会花祭壇2

 

お別れ会が終わる頃には祭壇や献花台の上には、皆様が持ち寄ったおみやげや、お花、飲み物で沢山になりました。

 

中野サンプラザでお別れ会をお考え、お申込の方は下記へご相談下さい。

 

バナーお問い合せ6501

東京都調布市在住F様からの依頼、仏壇と神棚の回収引取とお焚きあげ

東京都調布市在住F様から、仏壇と神棚の回収引取とお焚きあげの依頼のお電話を頂きました。

 

F様は現在お住まいのご自宅を取り壊し、建て替えをすることになり大きい仏壇を設置するスペースが無く、もう少しコンパクトな仏壇を購入するためお焚きあげと回収引取を依頼するきっかけになったそうです。

 

 

引取調布1  引取調布2  引取調布3

 

また、神棚も長年お祀りしていた為、汚れや破損箇所も目立つようになってきたので、仏壇同様買い換えることになりました。

 

当社では、仏壇やお位牌ご本尊だけでは無く、神棚やお人形などもお焚きあげ回収引取を対応しています。

 

東京都調布市の他、神奈川、千葉、埼玉にも引取回収に対応しておりますので、お困りの方は下記電話番号に連絡下さい。

 

引取調布5  引取調布4

 

お焚きあげ代行

お焚きあげ代行2

バナーお問い合せ6501

あすなろ葬祭提供!『帰ってきた!あすなろ情報局』相続税クイズかかるの?相続税?:JCN中野201503放送分

 

2015/3/03 に公開
2015年3月放送分:JCN中野

内容:相続税がかかるのか?かからないのか?相続税の基礎知識をクイズ形式で紹介

出演:ファイト中田喜之さん めいどのみやげさん あすなろ企画株式会社 代表取締役 長島歩

バナーお問い合せ6501

火葬場式場(堀ノ内斎場)で行う同じ品種で違う産地のサクラを使った花祭壇

150320堀ノ内1

 

先日、火葬場式場(堀ノ内斎場)で家族葬のお手伝いをいたしました。故人様は中野区中央にお住まいだったので、一番近い火葬場式場で葬儀を執り行いとの希望もあり、杉並区の堀ノ内斎場で葬儀を執り行うことになりました。

 

葬儀のお打ち合わせで、故人様の人柄や日常を伺った際に、とてもお酒が大好きで家族旅行を泊まりがけでいくと必ず朝食の時にビールを呑むほど酒豪だったそうです。

 

そんな故人様のために花祭壇の前には日本酒をお供えして、ちょうど花見の季節になりますのでサクラを花祭壇の花材として使用しました。

 

150320堀ノ内4  150320堀ノ内3  150320堀ノ内2

 

花祭壇で使用したこだわり花材は、桜(都八重桜 濃色/静岡・淡色/福島)ダリア(ヘブンリーピース)バラ(アバランチェ)菊(シャムロック)スプレー菊(グルーピー)を使用しました。

 

桜をメインとして考え、桜が引き立つように他の花材はオフホワイトとグリーンの落ち着いた色彩で作成しました。

 

写真では分かりづらいのですが、同じ品種の八重桜ですが違う産地のものを使うことによってサクラのピンク色の濃淡が絶妙でした。

 

故人様には最期の花見酒を味わって貰いました。

 

バナーお問い合せ6501

【実録】おひとりさまの終活:Kさんの場合

3月某日、宇都宮市のとある介護施設へお邪魔して参りました。Kさんが暮らしていた家を引き払い、介護施設へお引越をしたとのご連絡を受けて、ご挨拶と近況を伺いにお邪魔したのです。

 

Kさんとはさかのぼること、5年前からのお付合いです。
2010年3月、末期がんだった娘さんが若くして亡くなり、当社に委託散骨を依頼。当社は東京から宇都宮へご遺骨をお預りに伺い、責任をもって散骨を執り行いました。

 

後々聞いたのですが、ご両親が困らないよう、娘さんご本人が自身の最期について色々手を尽くされ、当社へ散骨の資料を取り寄せ、申込みをされていたのでした。

 

その後2012年12月、Kさんのご主人がご逝去。Kさんよりご連絡をいただき、ご主人のご遺骨を娘さんと同じ場所に散骨して欲しいとのご要望でした。この時も宇都宮へご遺骨をお預りに伺い、娘さんと同じ場所に散骨を執り行いました。

 

※本来[委託散骨]は日時と散骨場所をお選びいただくことは出来ないのですが、今回はKさんの想いを汲んで、富士山の見える駿河湾の、娘さんと同じ場所にて行いました。

 

そして2014年3月、ペットのワンちゃんも他界。Kさんは心と身体の調子を崩され、しばらくは寝たきりに近い状態に。この時ほど、近くに住んでいたらもう少し力になれるのに・・・と思ったことはありません。

 

そのうち自然と、Kさんの方から「自分に何かあったら、家族と同じ場所に散骨して欲しい」とのお話を聞くようになり、Kさんたっての希望で【委託散骨の生前予約契約】を当社と結び、散骨請求額の半額の[契約金]をお預りしたのでした。
その後半年に一度のペースで連絡を取り合い、東京から宇都宮のご自宅へと訪問を重ねました。

 

そして今年の2月、Kさんは信頼のおけるケアマネジャーさんのご協力もあり、介護施設へ転居。

住み慣れたご自宅を処分し、年金受給額の範囲内で快適な生活を送られているとの事で一安心。個室でプライベートは守られつつ、共同生活の安心感もあるとのこと。

 

先日伺った時には、Kさんがベッドから立ち上がって室内を歩き、冷蔵庫から飲み物を振舞って下さってビックリ!環境と優しい人々のおかげか、あの寝たきりだった方とは思えないくらい元気になっていて、とても感動しました。元気になられて本当に、良かった・・・

顔を合わせてKさんと改めて色々なお話をし、Kさんにもしもが起きた場合にご連絡を取ることが出来る甥御さんの連絡先を伺ったり、当社でお手伝いが出来ること、お任せいただけることを再確認いたしました。

 

Kさんにもしもが起きた場合には

・Kさんの甥御さんが喪主を務め、地元の葬儀社がKさんの火葬を執り行う

当社がKさんのご遺骨をお預りし、その後娘さんとご主人の眠る駿河湾への散骨を執り行う

・当社が死後事務委任契約により、Kさんの[健康保険・年金の資格抹消申請]と、

[埋葬の代行手続(委託散骨)][遺品整理手続][公共料金解約精算手続]を行う

・・・という流れになる予定です。

 

ですが、これまでの縁(えん)も情(じょう)もあります。当社でご葬儀を執り行えなくても、もしもが起きた場合には、速やかにご連絡をいただき、Kさんの火葬に立ち会いたいと思っています。

 

[散骨のご依頼】から始まったご縁ではありますが、これから新しくスタートするKさんの人生が、楽しく素敵な毎日でありますように。心からそう願い、宇都宮を後にしたのでした。

 

itaku

【Kさんとあすなろ葬祭との 委託散骨生前予約】

合計75,000円(+税)+実費交通費 9,200円(税込)

・委託散骨料 60,000円(+税)

・ご遺骨受取手数料 15,000円(+税)

・交通費実費(往復) 9,200円(税込)

 

sigojimuinin

 

【Kさんとあすなろ葬祭との 死後事務委任契約】合計210,000円(+税)

内訳:{生前契約料105,000円(+税) 事後手数料105,000円} +実費費用30,000円~100,000円要

kenponenkin

・健康保険・年金の資格抹消申請 費用50,000円(+税)

[内訳]契約料〈生前〉25,000円(+税)手数料〈事後〉25,000円(+税)

maisodaiko

・埋葬の代行手続 費用50,000円(+税)※他、実費費用が必要となります

[内訳]契約料〈生前〉25,000円(+税)手数料〈事後〉25,000円(+税)

ihinseiri

・遺品整理手続 費用50,000円(+税)※他、実費費用が必要となります

[内訳]契約料〈生前〉25,000円(+税)手数料〈事後〉25,000円(+税)

koukyo

・公共料金解約精算手続 費用60,000円(+税)※他、実費費用が必要となります

[内訳]契約料〈生前〉30,000円(+税)手数料〈事後〉30,000円(+税)

 

※上記内容は一例です。その方が死後に何を依頼したいかによって、上記内容や金額は変わります。

 

【散骨の生前予約】や【おひとりさまの終活】についてのご相談・ご質問は、中野ブロードウェイ1F あすなろ葬祭までどうぞ。

神奈川県川崎市在住のT様から依頼、仏壇と位牌と本尊の回収引取とお焚きあげ

神奈川県川崎市在住のT様から、仏壇と位牌と本尊の回収引取とお焚きあげを依頼されました。

 

回収にお伺いした川崎のT様邸は、門から玄関までが長く舗装されていない地面で、仏壇もしっかりとした作りで重く運び出すのに苦労しました。

 

T様から回収引取しました仏壇は、その後お焚きあげ法要をして、しっかり供養いたしました。

 

 

大田区お焚きあげ01  大田区お焚きあげ02

 

 

写真上左:川崎市T様邸、仏壇回収後

写真上右:川崎市T様邸、仏壇回収前

 

お焚きあげ代行

バナーお問い合せ6501

定期発送あすなろ通信2015年3月号無事発送

201503あすなろ通信

毎回、産みの苦しみを感じている『あすなろ通信』ですが、改葬について下記の内容を紹介しました。

お彼岸の時期は過ぎてしまいましたが、今回は東京近郊でのお墓事情について書いてみようと思います。

お墓参りの本来の意味は、家族の無事や近況をご先祖様にお伝えして、『いつも見守ってくれてありがとう』と感謝を伝えることです。

そして、お墓参りをする時期でよく知られているのが、あの世にいるご先祖様に語り掛けることが出来る(私なりのお彼岸に関する解釈です)春と秋のお彼岸、ご先祖様が帰ってくるお盆、それに新年が始まるお正月で、年に4回あります。

その他にも季節の変わり目ごとや、月命日にお墓参りをするかたもいらっしゃいますが、お墓が遠くにある、高齢になってきたので体力がない等の理由で、お墓参りをする方が減少傾向にあるようです。

確かに、住まいから離れた場所にお墓があると、日々の生活に追われてなかなか月命日にお墓参りに行くことは難しいですし、お彼岸やお盆にお墓参りに行くと、渋滞で片道3時間かかったなんて話もよく耳にし、お墓参りが一日仕事になってしまいます…。

そんなお墓事情もあってか、最近多く相談を受けるのが、『お墓の改葬』についてです。

『改葬』とは一度埋葬したご遺骨やお墓を、ほかの墓所に移すことです。つまり改葬=お墓の引越しと考えると分かりやすいかもしれません。

改葬のながれはまず、新しく購入した墓地で『受入証明書=永代使用許可書(あなたがこの墓地を使用していいですよと書いてある書類)』を発行してもらいます。

その後に、現在利用している墓所に『埋葬証明書=納骨証明書(ご先祖がこの墓所で寝ていますという証明)』を発行してもいます。

そして墓所がある市区町村役場で『改葬許可申請書』の申請をします。『受入証明書=永代使用許可書』と『埋葬証明書=納骨証明書』を提出して『改葬許可書』を交付してもらいます。

その後、交付された『改葬許可書』を、移動する墓所に提出して事務手続きは完了です。

事務手続きは完了ですが、新たに購入する墓所の永代使用料(お墓を借りる権利代)と墓石代のほか、元々使用していた墓地を更地にする費用と魂抜き『閉魂供養』が必要になります。

また、新たに購入した墓地の開眼供養と納骨法要も必要になりますので、それにまつわる費用も用意しなければいけません。

墓地を更地にするには大体30万円位必要です。内訳は、墓地の解体・撤去・処分の費用です。その他に別途、閉魂供養・開眼供養・納骨法要…と費用が必要になるのです。

また、最近改葬に関するトラブルも多く耳にします。更地にする墓所がお寺にある場合、法外な離檀料(菩提寺との手切れ金)を請求された方も…。

墓所を購入した頃は、若くて元気でフットワークも軽く、海や富士山が見えて最高のロケーションを墓所購入の決め手にしたり、ゴルフ場の近くでゴルフしながら墓参りしようなんて事を考えて遠くの墓所を買ったりした方が、高齢化や体力の衰えにより、近くの墓所に改葬を考えているようです。

お墓は先祖との語らいの場、心のよりどころです。埋葬のやり方は色々ありますが長い目で見て、購入や改葬について慎重に考えてお決めください。

もちろん、当社では改葬に関する手続きや業務もお手伝いしておりますので、いつでもご相談くださいね。

『今回は営業っぽくなってしまいました…』

バナーお問い合せ6501

東京湾から富士山をのぞむ海洋葬個別散骨

 

 

 

東京湾風の塔付近で散骨をしました。

 

天気は快晴ですが、まだ冬の寒さが残り海上をきる風は冷たく痛く感じました。

 

ただ、冬の気候なので湿度は無く遠くに見える景色も奇麗に鮮やかに見えました。

 

写真にもありますが、東京湾の至る所から富士山を見ることが出来ました。

 

東京湾ゲートブリッジからや羽田空港滑走路から、そして離陸した航空機と富士山の共演など見どころある東京湾での個別散骨となりました。

 

冬の東京湾は1年間で一番水が奇麗で透明度も高く、また景色も奇麗に見えますので、冬に散骨を考えている方に東京湾はお勧めポイントです。

 

150118東京  150118東京05  150118東京02

 

写真左上:海上から東京湾ゲートブリッジと富士山
写真上中央:東京湾に浮かぶブイ
写真右上:東京湾に突き出る羽田空港滑走路誘導灯

 

150118東京01  150118東京04  150118東京03

 

写真左上:海上から富士山頂上に航空機
写真上中央:離陸した航空機と富士山
写真右上:海上から滑走路を正面から離陸する航空機

 

150118東京06

 

散骨を行うときにも、遠くに富士山を確認することが出来ました。

 

海洋葬個別散骨

 

バナーお問い合せ6501

渋谷区司法書士事務所からの依頼、目黒区Y様邸のお仏壇とお位牌とご遺影の回収引取とお焚きあげ

 

 

 

 

 

目黒区Y様邸のお仏壇とお位牌とご遺影の回収引取とお焚きあげを依頼されました。

 

お仏壇の他に遺影写真が数枚とお位牌が三柱そしてご本尊があり、そちらを全て回収いたしました。

 

目黒区Y様邸はお年を召した女性が一人でお住まいでしたが、この度介護施設に入ることになったのですが、仏壇は介護施設に持って行けないのでお焚きあげ供養をすることを決め、成年後見をしている渋谷区の司法書士事務所から当社に依頼がありました。

 

お仏壇とお位牌そしてご遺影は当社で責任を持ってお預かりして、数日後に導師にお勤めいただき、お焚きあげ供養をして貰いました。

 

 

目黒区お焚きあげ02

 

 

写真上:お仏壇、お位牌、ご遺影の引取回収前

 

目黒区お焚きあげ01

 

写真上:お仏壇、お位牌、ご遺影の引取回収後

 

 

↓目黒区でのお仏壇・お位牌・ご遺影の引取回収、お焚きあげの費用はこちらから↓

お焚きあげ代行

↑目黒区でのお仏壇・お位牌・ご遺影の引取回収、お焚きあげの費用はこちらから↑

バナーお問い合せ6501

沖縄での海洋葬個別散骨

沖縄散骨

 『顔を見て散骨の相談ができる。』『手元供養を見て触れる。』『安心して任せることが出来る。』そんな思いになれる散骨相談サロンが東京都中野区にあります。

 

沖縄での散骨をお考えの方は、あすなろ葬祭に相談下さい。東京で散骨の相談、散骨のプランニング、手元供養を実際に確認してからの購入、そしてご遺骨の授受が出来ます。

 

また、お預かりしたご遺骨は散骨を実施する沖縄に当社がお持ちして、お客様と一緒に散骨のお手伝いをいたします。

 

散骨風景沖縄02   散骨風景沖縄01   散骨風景沖縄03

写真【上】沖縄での海洋葬個別散骨の様子

 

 

宜野湾マリーナ  宜野湾マリーナ門   宜野湾マリーナ停泊施設

写真【上】当社の専用邸が停泊している宜野湾マリーナの様子

 

 

沖縄クルージング   沖縄船舶1

写真【上】宜野湾マリーナに停泊している専用邸

 

 

image4  image3  image1 image2

 

葬送のプロ葬儀社が運営しています!

人を送るプロである葬儀社が散骨の企画運営管理をしております。最近ではイベント会社やマリーナ、釣船屋さん、クルーザー等の個人オーナーが散骨会社を運営しているところも多くトラブルを耳にします。ご遺骨の管理やお客様の精神的ケアは専門家である当社にお任せください。

日本全国お手伝いいたします!

当社スタッフが日本全国お手伝いいたします。沖縄でも東北でも当社スタッフが散骨の運営管理をいたします。ご宿泊や航空券のお手配から送迎までできることはお手伝いいたします。

現地案内スタッフや散骨下請け会社は一切使っておりません。

責任の所在をハッキリする事と、伝達ミスによる打合せと実際の施工内容が異なってしまうトラブルを事前に防ぐことができます。

相談サロンがあります。

ホームページは立派だけど事務所がない・・・事務所はあるけどマンションの一室で相談ができる雰囲気ではない・・・大事な方を送るための打合せそんな場所でできますか?当社はJR中野駅から悪天候でも影響なく来ていただける場所に相談サロンがございます。みなさまの思いをゆっくりとお聞かせください。

 

沖縄での散骨を考えている方は関東地方に多くいらっしゃいます。当社は散骨相談サロンが東京にあり、相談からお骨の受け渡しなどがお互いに顔を見ながら行うことが出来ます。

 

もちろん散骨当日には、日本全国どこでも当社スタッフが立会い責任を持って散骨の運営管理をいたします。

 

 

海洋葬個別散骨

 

バナーお問い合せ6501