中野区で家族葬を安心して依頼できる葬儀社です。

『家族葬を行いたい!』と葬儀社に伝える前に知っておきたいこと

 

まずは、家族葬という言葉の意味を知らなければいけません…

家族葬とは、家族などの近親者だけで行い、近親者以外の儀礼的・社交辞令的な弔問客の参列を拒否する葬式のこと。(wikipedia参照)
 
家族だけで行う葬儀を家族葬と呼び、葬儀の形式や種類を指す言葉ではなく、葬儀の規模を表す言葉なのです。
 
 
『家族葬を行いたい!』と葬儀社に伝えるときには、ほかに何処で(葬儀式場なのか自宅なのか…)どんな葬儀を(通夜葬儀を執り行わない火葬だけの直葬、通夜だけを執り行わない一日葬、通夜葬儀を執り行う一般葬など)行いたいのか考えをまとめておく必要があります。
 

家族葬という言葉は、葬儀の規模を表す言葉だと覚えておいてください。

 
当社が運営している、中野ブロードウェイの葬儀相談サロン『あすなろぽうと』に家族葬の相談や家族葬の見積が欲しい、と来店がありますが、そのときに多い質問が『家族葬を行うときに何処までが家族になるのでしょうか?』『家族葬はいくらかかるの?家族葬の費用は?』です。
 
 

まず、『家族葬を行うときに何処までが家族になるのでしょうか?』

誰まで…何親等まで…という範囲に決まりはありません。親族+親友数名を招いた家族葬もありますので制限はありません。
 
ただ、家族葬で行うと決断した以上はルールを設けた方が良いと思います。そのルールとは【遺族だけで行う】【遺族+故人の兄弟】【遺族+故人の親族】など何処までの方を家族葬に案内するのかを決めることと、呼ばない招かない親族には家族葬の案内をしない方が良いかと思います。
 
家族葬を行うときには、誰まで何処まで案内するか、ルールを決めてから訃報を通知しないと、あの人来ちゃった…何て事になりかねませんので注意してください。
 
 

次に『家族葬はいくらかかるの?家族葬の費用は?』という質問も受けます。

「新聞チラシに家族葬の費用○○万円」とか「葬儀社のホームページに追加費用一切なし」て書いてあるけど、あすなろさんで家族葬をお願いするといくらなの?と聞かれることが多くなりました。
 
このページの冒頭にありますが、『家族葬』という言葉は葬儀規模を表す言葉なので、それだけの情報で「家族葬はこの金額です。」とは、なかなかこたえられません。
何処で誰とどんな形式で家族葬を行いたい。とそこまでの情報があれば金額を伝えられますが、「家族葬いくら?家族葬の費用は?」は即答なかなか…
 

ちなみに、火葬場式場(落合斎場や堀ノ内斎場や代々幡斎場)で親族30名で通夜葬儀を執り行う家族葬の場合は、1,075,269円(税抜き)

 
 

あすなろ葬祭の自社式場で親族20名で通夜を行わずに、葬儀だけ行う一日葬での家族葬の場合は、545,809(税抜き)*飲食費別

 

通夜も葬儀も行わずにシンプルに火葬だけを行う家族葬は、230,000円(税抜き)

 
 
上記金額から中野区内での家族葬をお手伝いすることが可能です。
家族葬でお悩みの方は、中野ブロードウェイの家族葬相談サロン『あすなろぽうと』にお越しください。

納骨(四十九日)法要お手伝いしております。

東京中野区の葬儀社あすなろ葬祭では、都立霊園(小平・青山・八王子・八柱・多磨)での納骨(四十九日)法要のお手伝いをしております。

納骨の時には、墓石(墓誌)に戒名を彫刻します。また墓を開けてご遺骨を収めなければいけません。

墓石に戒名を彫る彫刻料は、45,000円(外税)かかります。

墓を開けてご遺骨を埋葬する納骨料は、45,000円(外税)でお手伝いすることが出来ます。

葬儀が終わって休む間もなく、四十九日になります・・・

あすなろ葬祭では、法要の準備から香典返しや位牌の手配、法要での会食場のお手配などお手伝い出来ます。

なれない作業でストレスを溜めないように、仏事のプロに任せる事をオススメします。

 

 

盆栽を供える

先日お手伝いしました葬儀で、ご遺族さまが故人が大事にしていた盆栽を供えていました。

盆栽のことは詳しく分かりませんが、存在感があり素敵でした。

盆栽の正面が分からず苦労しました・・・

 

真っ赤な綺麗なダリアを供える

お客様から花祭壇の色の指定が有りました。お亡くなりになった方は真っ赤な色を好んでいたので、それをイメージ出来るお花を入れてくださいといわれました。

当社では真っ赤なダリアとバラを用意いたしました。その他に真っ白のダリアやコデマリを使用して花祭壇を作成しました。

花材やお花の色目などお客さまの希望があれば出来るだけ反映していきます。

365日24時間いつでも対応

ご質問やご相談を承っております。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。